シンガポール

04:30AMのシンガポールチャンギ国際空港

シンガポールチャンギ空港

今回の帰りのフライトはデルタ航空DL166便で早朝06:00発。

第一ターミナルに朝04:00には空港に到着しました。

24時間オープンしているシンガポールチャンギ空港は、休めるスペースもいっぱいありました。

The Guide to Sleeping in Airportsというサイトでは、毎年「世界の寝やすい空港ベスト10」のトップに選ばれています。

Best Airports of 2014

早朝便だと宿泊するのはちょっともったいないですよね。

諸事情で「空港で夜を明かしたい人」のご参考になればと思います。

男性だったらこんな感じで床に寝てもいいですよね~(笑)

DSC00630.JPG

足マッサージのマシンも至るところで見かけます。

DSC00629.JPG

スターバックスも24時間オープン。

DSC00626.JPG

Snooze Loungeには、下の写真のようなソファ以外にも寝れるリクライニング型のシートもあるそうですよ!

DSC00632.JPG

携帯の充電や電化製品も使えるようにコンセントがあります。

DSC00634.JPG

DSC00633.JPG

隣には24時間オープンのフードコート

DSC00636.JPG

航空会社共用ラウンジのThe Sky View Loungeの下、Gate41の近くにはAirport Wellness Oasisというスパがあります。

シンガポールチャンギ国際空港 Terminal 1:Sky View Lounge(スカイビューラウンジ)

プライオリティパスを持っているなら無料で利用できます。

DSC00627.JPG

魚が足の角質を食べてくれる「フィッシュスパが無料」で出来るそうですよ!

プライオリティパスがあると、ラウンジが利用できるからいいですよね~!

楽天プレミアムカードだと、年間費10,800円で本来年会費399USドルかかるプライオリティパスに無料で登録出来るというのはいいなあ。。。と思っています。

DSC08763.JPG

眠れないなら。。。

フリーインターネットのスペースもありますし、

DSC00622.JPG

買い忘れたお土産も空港でゲット。

DSC00623.JPG

DSC00624.JPG

シンガポールっぽいパッケージのneuhous(ノイハウス)のチョコレート。

DSC00631.JPG

-シンガポール

Copyright© 夢を叶えるポイ活ライフ , 2020 All Rights Reserved.