シンガポール

念願のカヤトーストを食べれました!:Ya Kun Kaya Toast(ヤ・クン・カヤ・トースト)

Ya Kun Kaya Toast

シンガポールのお土産購入にオーチャードの高島屋のデパ地下はオススメ
からの続きです。
高島屋をあとにして、向かったのは同じくオーチャード内にある313@Somerset
DSC08473.JPG
目的はシンガポール名物「カヤトースト」を食べに行くため。
カヤトーストとは、ココナッツミルクに卵と砂糖、“パンダンリーフ”という香りや色つけに使用されるハーブを炊き込んだジャムを挟んだもの。
以前、ソウルに旅行に行った時に、カヤトーストのお店が清渓川(チョンゲチョン)沿いにあって行ってみたいなあ。。。と思いながら行けずじまいで。。。
ようやく本場で食べる機会に恵まれると楽しみにしていました。
数あるカヤトーストのお店の中でもブロガーさんオススメの「Ya Kun Kaya Toast(ヤ・クン・カヤ・トースト)」が高島屋に入っているとのことだったので、行ってみたのですが。。。
DSC08470.JPG
高島屋のお店はスタンド形式で、落ち着いて食事できなさそうだったので、そのブロガーさんが行ったという313@Somerset内のお店に行くことにしました。
313@Somersetはファッションビルで、ZARAを始め、色々なお洋服のブランドが入っています。
1階には素敵なレストランもありましたよ。
DSC08474.JPG
DSC08475.JPG
DSC08476.JPG

念願のカヤトースト

こちらがYa Kun Kaya Toastの313@Somerset店。
DSC08477.JPG
ファーストフードのお店の雰囲気ですね。
DSC08478.JPG
コピと呼ばれるコンデンスミルク入りのコーヒーと温泉卵(ソフトボイルエッグ)とのの三点セット。
これがカヤトーストの定番スタイルなのだそう。
DSC08479.JPG
買った時に番号札を渡され、席で待っていると焼きたてのカヤトーストを持ってきてくれます。
DSC08481.JPG
カヤジャムとバターが挟んでありまして、ジャムの甘さとバターの塩気がなんとも言えず合います。
DSC08480.JPG
周りの人を見ると温泉卵を付けて食べたり、そのまま温泉卵だけ食べたりって感じでした。
私も温泉卵を付けてみましたが、これがまた意外に合うんですよね~!!
温泉卵にお醤油をかけてパンに付けている人がいましたが、私は温泉卵はそのままでも十分美味しかったです。
DSC08482.JPG
ヤクン・カヤ・トーストは国内に45店舗(2014年10月時点)もあって大きなショッピングモールだったら入っている可能性が高いみたい。→店舗情報
オーチャードだったらParagon(パラゴン)、Far East Plaza 、Tang、Orchard Centralにも入っていますしね。
Orchard Central店はビルの上階にあって、窓もあって広々として居心地良さそうでした。
DSC08534.JPG
DSC08533.JPG
Tang店
DSC08679.JPG
チャンギ国際空港の第3ターミナルにもあります。(YA KUN KAYA TOAST FAMILY CAFE)。
旅の終わりに食べたいところ。
残念ながらスカイチーム系の航空会社が乗り入れる第1ターミナルには入っていません。
ちなみに、お支払いは現金のみです。
お店でオリジナルのカヤジャムが買えるみたいなので、今度は買って帰りたいな。(75g入り2個で6ドル)。
ya-kun-kaya-jam.jpg
出典:Elle Online
Ya Kun Kaya Toast(ヤ・クン・カヤ・トースト)

-シンガポール

Copyright© 夢を叶えるポイ活ライフ , 2020 All Rights Reserved.