グルメ

「ザ・カフェ by アマン」へ行ってきました

ザ・カフェ by アマン

私がいつかは泊まってみたいホテル、それはアマン東京

以前、バリ島のウブドのアマン系のホテル「アマンダリ」に行った時に、あまりに素敵で。。。

いつかはアマン系のホテルに泊まってみたいとずっと思っていました。

そんなアマン系のホテルが東京に2014年12月にオープンしました。

アマン初の都市型ホテル、アマン東京が、2014年12月に誕生いたしました。
江戸時代から続く日本の中心地に創られた緑地帯「大手町の森」から見上げた空に、ひっそりと浮かぶ 空中のサンクチュアリ。
日本では初めての開業であり、世界に展開する「アマン」ブランドの27軒目のホテルとなります。
地上38階、高さ約200mの高層複合ビル最上層6フロアに位置し、東京の中心から緑あふれる外苑、新宿副都心の高層ビル群、東京スカイツリーR、東京ベイエリア、晴れた日には富士山や箱根山系や丹沢山系などの美しい景色を、四季を通してご堪能いただけます。(アマン東京HPより)

最近ではアマン東京に宿泊した人の体験記がネットでも見れるようになり、素敵な写真を見るたびにますます「私もいつかは。。。」という夢は膨らみます。

aman-tokyo.jpg
出典:ikyu.com

ザ・カフェ by アマン

DSC06395.JPG

2015年6月1日にアマン東京にザ・カフェ by アマンがオープンしまして、アマン東京の雰囲気を少しでも感じたく行ってきました。

カフェは、アマン東京のロビーがあるエリアとは別棟で、33階のホテルのロビーに行くにはレストランやバーの利用がないと入れなさそうな雰囲気で行けませんでした。(笑)

大手町の小さな森が隣接していますので、テラス席は大手町のビル街にいることを忘れさせてくれます。

DSC06363.JPG

この日は土曜日で、朝11:00のオープン30分前に行ったら既に行列。

ランチは予約は出来ないそう。

DSC06365.JPG

室内のお席はこん感じ。

DSC06389.JPG

もちろん、テラス席へ。

DSC06387.JPG

DSC06386.JPG

メニューは1,600円のコース、2,500円のコース、アラカルト。

13%のサービス税が付きます。

グラスシャンパンで乾杯。

DSC06377.JPG

この日は、2,500円のコース。

前菜は2品から、メインは3品から選べるプリフィクススタイル。

パテ・ド・カンパーニュ
つるむらさきのマリネ/ピスタチオクランブル/サラダ添え
DSC06378.JPG

フォカッチャ
DSC06379.JPG

シチリアンクレープ : ロシア産スモークサーモン/バジル/ドライトマト/ トラパニペースト
DSC06383.JPG

食後のコーヒー
DSC06388.JPG

お味は洗練されていて、スパイスの使い方が絶妙で複雑な旨みがあり美味しかったです。

量は少なめかな。。。と思いましたが、食べ終わったらお腹いっぱいになりました。

お水も有料で、この日は1人あたり5,000円くらいでした。

お店の外には人力車が

アマン東京は「和テイスト」がとっても素敵なホテルだそうですが、カフェの外には宿泊者専用の人力車が停まってましたよ!

DSC06391.JPG

ゲストは人力車に乗って大手町周辺を一回りしてもらえるそう。

DSC06392.JPG

あぁ、いつかはアマン東京に宿泊して、この人力車に乗って大手町の風を感じたいです。

一休.comでは、アマン東京のプランが出てますよ!

宿泊のプランを立てている方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

見逃せない!憧れのホテル・旅館今だけ限定タイムセール!【一休.com】



-グルメ

Copyright© 夢を叶えるポイ活ライフ , 2020 All Rights Reserved.